ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 研究会とは(現在位置)

研究会とは

目的

I. A. RichardsとChristine Gibsonによって開発された,外国語としての英語教授法であるGraded Direct Methodによって,日本人の生徒に英語を教える方法,および関係のある理論などを研究し,日本の英語教育の改善に貢献する。

沿革

東京女子大学教授であったConstance Chappell女史は,第二次世界大戦中,米国に戻りハーバード大学のI. A. RichardsのもとでGraded Direct Methodを学んだ。1947年に再び来日し,東京女子大学の卒業生の子供たちにGDMで英語を教え始めた。そのクラスを見学に来ていた吉沢美穂ほか数名が,Chappell女史の指導のもとにGDMの授業を始めた。

1951年から1年間,吉沢美穂はハーバード大学に留学,I. A. RichardsとChristine GibsonのもとでGDMを学んだ。

1952年に帰国した吉沢美穂は,さっそくGDM講習会を開催。以後毎年講習会を開くようになり,それが現在のSummer Seminarに発展した。

その頃から月例の研究会も始まった。研究会発足当時は小人数の自然発生的な集まりであったが,次第に会員数も増え,1957年にNews Bulletin第1号を発行する頃には,事務局,会計,プログラム委員などが必要になり,会としての形を整えるようになった。

1958年,一般の人々を対象とした広報活動として,第1回公開講演会を開催,以後毎年開催して現在にいたっている。

1965年,会員の片桐ユズルが東京から神戸に移ってきたのを機に,関西支部が作られた。以後,本部をおかないまま,東日本支部と西日本支部とに分かれて活動を続けている。

1981年11月,吉沢美穂が死去。

1990年には,GDMによる日本語テキスト『はじめてのにほんご』が刊行され,日本語教授法の分野での実践も始まった。(GDM/BASIC English のくわしい歴史についてはこちら)

入会について

英語を教えている人,および英語を教えることに関心のある人は,誰でも入会できます。年会費6,000円をおさめると,毎月のNewsletter,年1回発行の機関誌News Bulletin,会員名簿が送られてくるほか,会合やセミナー,公開講演会の案内,出版物の案内などが送られてきます。(規約はこちら

申し込み, 問い合わせは東日本(長野・静岡以東)または西日本(岐阜・愛知以西)のどちらかの支部になさってください。

会費振り込み先

東日本支部(長野・静岡以東)

郵便振替:00160-2-144896
加入者名:GDM英語教授法研究会

西日本支部(岐阜・愛知以西)

郵便振替:001190-1-46131
加入者名:GDM英語教授法研究会西日本支部

活動

研究会全体としては,3泊4日のSummer Seminarを毎年開催している。1968年より御殿場で合宿形式で行うようになっている。

また年1回,会員の研究・実践の発表の場としてNews Bulletinを発行している。

授業技術に関する指導書,会員による研究発表物,生徒のためのreading materials,workbooksを出版し,実費で会員および希望者に販売している。

この他,支部ごとにNewsletterを発行し,月例の研究会を開き,年1回公開講演会を開いている。また各地に研究グループや勉強会があり,自主的に活動を続けている。

事務局

入会,セミナー,研究会,出版物,その他の情報については,下記へお問い合わせください。

《東日本支部事務局》
〒226-0005神奈川県横浜市緑区竹山3-1-8-3102-233 加藤准子方
Tel/Fax 045-934-8314
Email info-e@gdm-japan.net
《西日本支部事務局》
〒567-0034大阪府茨木市中穂積1-5-B-605 此枝洋子方
Tel 080-8167-1993
Email info-w@gdm-japan.net

GDM英語教授法研究会規約

(名称)

第1条 本会は、GDM英語教授法研究会と称す。

(事務局・会計)

第2条 本会は、事務局を加藤准子方(226-0005 神奈川県横浜市緑区竹山3-1-8-3102-233)に置く。
会計係を、新井等方(353-006 埼玉県志木市館 1-6-1-502)に置く。

(目的)

第3条 本会は、諸言語の研究、教授法の研究等を通じてGraded Direct Methodの普及を目的とする。

(活動)

第4条 本会は、その目的達成のために、次の活動を行なう。

  1. 定例研究会・公開講演会・夏期セミナー等の開催
  2. 諸言語の研究
  3. 諸教授法の研究
  4. 関連諸領域の研究
  5. ニューズレター・Bulletinの発行
  6. その他、本会の目的に一致する活動

(代表の選出)

第5条 本会は、代表を1名置く。

第6条 代表は、会員による推薦にもとづいて、総会で選出する。

(諸係の選出)

第7条 本会は、次の係を置く。

  • 事務局
  • 月例会係
  • ニューズレター係
  • 庶務・会計
  • 記録係
  • 書籍係
  • 公開講演会係
  • 夏期セミナー係
  • 発音ワークショップ係
  • 初級セミナー係
  • 中上級セミナー係
  • Bulletin係

第8条 諸係は、会員の推薦により総会で選出する。

(代表、諸係の任期)

第9条 代表の任期については、これを特に定めない。

第10条 諸係の任期は1年とする。

第11条 諸係の再選は妨げない。

(代表の任務)

第12条 代表は、会務を総轄する。

第13条 事務局は、会長を補佐する。

(会の運営)

第14条 各係は相互に連絡調整をはかって会の運営にあたる。

(会員)

第15条 本規約第3条の主旨に賛同して活動をするものを会員とする。

第16条 本会会員は次の特典を受けることができる。

  • ニューズレターの送付
  • Bulletinの送付
  • Graded Direct Methodに関する情報の提供
  • Graded Direct Methodの学習、実践、研究のための便宜

(総会)

第17条 本会は、原則として毎年1回、7月に、定例総会を開催する。総会は本会会員によって構成される。
なお、必要に応じて臨時総会を開くことができる。

第18条 総会では、各係は当該年度の活動内容を報告し、承認を得る。

第19条 総会では、各係は次年度の活動内容を提案し、承認を得る。

(総会議決)

第20条 総会の議決は、出席総数の過半数によるものとする。

(総会議長)

第21条 総会では、参加者の推薦によって議長をおき、議事をすすめる。

(総会記録)

第22条 総会の記録は、事務局が司る。

(財政)

第23条 本会の経費は、会費、寄付金、事業収入による。

第24条 会費は年額6,000円とする。

第25条 会計年度は、毎年9月1日に始まり、翌年8月31日までとする。

(寄付)

第26条 本会は、総会の承認をへて金銭及び物品の寄付を受けることができる。

(会員名簿)

第27条 本会は、会員名簿を作成し常備する。

第28条 会員は、その住所、電話番号、職業、姓名等に変更を生じた場合、速やかに事務局に通知することとする。

(改廃)

第29条 本規約の改廃は、諸係の検討を経て、総会の議決による。

(付則)

第30条 本規約は、2004年7月17日より施行する。

第31条 2005年7月23日改定。

第32条 2008年7月12日改定。

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Deprecated [PHP]: Non-static method PicoPermission::getInstance() should not be called statically, assuming $this from incompatible context in file (trust)/modules/pico/class/PicoControllerAbstract.class.php line 26 (1)
Deprecated [PHP]: Non-static method PicoTextSanitizer::getInstance() should not be called statically, assuming $this from incompatible context in file (trust)/modules/pico/class/PicoModelCategory.class.php line 150 (1)
Deprecated [PHP]: Non-static method PicoTextSanitizer::getInstance() should not be called statically, assuming $this from incompatible context in file (trust)/modules/pico/class/PicoModelContent.class.php line 183 (3)
Deprecated [PHP]: Non-static method PicoPermission::getInstance() should not be called statically, assuming $this from incompatible context in file (trust)/modules/pico/class/PicoModelContent.class.php line 146 (2)