春期GDM公開トレーニング in Tokyo

リンガ・ランゲージ・スタジオが新年度の冒頭に所属講師の技量向上のために公開で行 う GDM 研修プログラム.目的はズバリ「 GDM の即戦力」です.授業の質的向上を本気で 希望し,共に切磋琢磨する意欲のある方すべてに,広く門戸を開放します.

    1. プログラムは GDM で行う授業の参観と参加者がデモを行う授業研修で構成します.
    2. 4 月から中学生となる新年度生のクラス(公称定員 14 名)のGDMによる授業全 5 日間 (計 14 時間) を参観し,それを参考に各自のデモを準備します.
      • 授業範囲は English Through Pictures Bk.1 の pp.1 ~ 15 の全項目です.導入 された事項をどう拡張し定着させるか,それを次の授業でどう発展させるか,生 の現場でしかわからない指導行程をつぶさに確認できます.授業者にとっては誤 魔化しのきかない最も厳しい検証テストですが,参観者にもそれだけ学べること の多い貴重な機会となります.
      • 英語学的な妥当性とGDM固有の技術的要請とを徹底的に検討し,長期にわたる 複数の実践者による経験の蓄積によって有効性を確認した授業です.一般性の 高い言語材料,教材,テクニックは,さまざまな現場・対象に応用可能です.この範囲最大のトラブルスポットであり,あとあとまで学習上の問題となりがち な冠詞 (a, the) についても,確立された手法と導入手順が備わっています.
    3. 授業研修は,参加者の授業技量を即戦力レベルに引き上げることを目的として行いま す.未経験の方には,オブザーバー参加をおすすめします.
      • EP Bk.1 の冒頭 15 ページには GDM の基礎技術が網羅されており,ベテランと いえど繰り返し取り組むべき技術的エッセンスの宝庫です.いうまでもなく初心 者には初心者の,経験者には経験者の課題があります.デモは前日の参観授業で 扱われた項目を題材として行いますが,参観した授業を参考にしながら,それ ぞれの問題意識に応じて,どうそれを活かすかは参加者の裁量です.
      • 目的は即戦力の養成です.「明日からでも授業ができる」ために,デモでは許容 されても実際の授業では致命的となる指示の不徹底,不適切な身体動作,発話等 について,発声や目の配り方から指先の使い方に至るまで徹底的に修正します.そういう具体的なことがらの細部こそが実際の現場では大切になることが,経験 的に確認できているからです.

日程 & 場所:下記をご覧ください

受講費: ¥ 20,000 (遠方割,学割あり;要問合)

授業者:佐藤正人,トレーナー:合川麻由

日程

3月26日(火) 13:00 ~ 3月30日(土) 17:00

場所

リンガ・ランゲージ・スタジオ