GDMとは

I am here. He is there. She is here. We are here. からだで学びますから 使える英語の 基本が育ちます。

GDM - Graded Direct Method
Graded Direct Method(段階的直接法)の略称です。

入門期の外国語を教えるために,BASIC Englishにもとづいて,ハーバード大学でI. A. リチャーズ博士とクリスティン・ギブソン女史により,1940年代から60年代にかけて開発されました。

写真
中国海軍将兵を教える I.A.リチャーズ
写真
AV教材製作中のリチャーズとギブソン

日本では長年にわたって英語教授法としての実績とノウハウがあります。その特徴は,

  • 英語の力が最も自然にのびていくように教材,教え方がきちんと段階を追っていきます(Graded)。ですから,
  • 日本語をとおさないでも直接に英語のままで意味がわかります(Direct)。またそのためには,
  • ことばをはっきりした状況の中で示すことが必要ですから,現実の場面に即して英語を教えます。

学習者は目の前でおこることを見て,自分の身体を動かし,具体物や自分の筋肉の動きと英語を結びつけます。つまり感覚的にわかっていくのです。母語で規則の説明がなくても,状況と,外国語の結びつきを自ら発見していけるように,また自分から話そうとするようになっていきます。

使える英語への第一歩

木の成長を表す図

ことばは生きています。ことばの学習は, 木の成長にたとえることができます。
初めがよければ根が生え, 枝が伸び,強く高く成長し続けていきます。
英語も, よい土台つくりからはじまります。

英語のみのわかりやすい授業

聞く,話す,読む,書くことができる英語の基礎力をつくります。言葉は生活体験の中で獲得していくものです。身のまわりのものを使って,具体的・体験的におぼえられるよう工夫されています。

自由な発言, 中身のある会話

言葉はその人の人格であり, 個性の表現です。人まねや丸暗記ではなく, 一人一人が自由な発想で発言できる場を作り出します。

基本的な語で自然な英語

教材はベーシック・イングリッシュ(BASIC ENGLISH)に基づいており, 基本的な語, 大切な語が使いこなせるようになります。使い道の広い, 実際の役に立つ英語が自然に身につくのです。